防災情報新聞
発行:防災情報機構 NPO法人 編集:防災情報新聞社
印刷する
 東日本大震災における津波被害の教訓から、迅速な避難行動が最善の津波対策となることは言を待たない。そのためには、ICT(情報通信技術)の利活用が有効であり、とくに「個人向けへの適切な津波避難情報の発信」が求められている。
 そこで、津波工学・津波防災研究の第一人者である今村文彦・東北大学災害科学国際研究所教授をはじめとする研究グループと、特定非営利活動法人リアルタイム地震・防災情報利用協議会(略称:REIC/東京都新宿区、早山 徹・会長)、一般社団法人東北地域づくり協会(仙台市、菅原政一代表)などが共同で開発する「緊急津波避難情報システム」が注目されている……
印刷する
 神奈川県が昨年度に引き続き、来る9月1日・防災の日を中心に「かながわシェイクアウト」(一斉防災行動訓練。詳細は後述)を実施する。昨年度初めて実施した「かながわシェイクアウト」には63万人超が参加、今年度は100万人参加が目標の防災訓練"ビッグイベント"となる。
 参加には事前の登録が必要で、7月1日から参加登録の受付を開始した。実施日時は9月1日(月曜日)午前11時を基本とするが、参加者の都合で8月1日から9月30日までの間に変更が可能。想定される参加者は、行政機関や防災関係機関をはじめ、学校、幼稚園・保育園、企業、団体、個人など。神奈川県内全域のだれでも主体的に登録参加できる……

新着情報
お役立ちツール
防災を学び、活動しようとする人々に役に立つ情報を提供。
リンク集
わが国の防災関連サイトを分野別にご紹介。
編集長ブログ
本誌編集部による折々にふれた防災随想・雑感。
RSSマップ
各コンテンツの新着記事タイトル・URL情報をRSSで提供。
記事検索
初めての方へ
被災地物産館
スリランカのアーティストとコラボレーションした新聞紙プロダクトのバッグが販売されている。生産は現地の津波被災者で組織されるNGOに委託。 
注目のドキュメンタリー映画『1000年の山古志』絶賛上映中!
レスキューストックヤードでは、能登半島地震の教訓を地元の研究者や学生たちから聞き語りする、1泊2日のツアーを開催する。先着25名!!このツアーは終了しました
三宅島で5月〜6月に咲く、白いどくだみの花。この、どくだみの成分を「化粧品に取り入れてはどうか」と三宅ハート商会は考えました。どくだみは、抗菌作用と保湿成分に優れていると昔から注目されている植物です。
Copyright (C) 2008-2012 Bosaijoho Shinbun-sha / All rights reserved.  「防災情報新聞」に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。防災情報新聞社