防災情報新聞
発行:防災情報機構 NPO法人 編集:防災情報新聞社
印刷する
 ドイツのポツダム気候変動影響研究所が7月8日、気候変動の影響で世界で記録的な豪雨が急増しているとの研究結果を発表。それによれば、「世界で過去30年間に観察された記録的な豪雨のうち10件に1件は、長期的な温暖化を考慮に入れた場合にのみ説明可能で、調査対象最終年の10年については、それが4件に1件となっている……地球が温暖化しなかった場合と比較して、豪雨が発生する頻度は世界で12%高まっている……その頻度は、東南アジアでは56%、欧州で31%、米中部で24%増えるいっぽう、地中海地域で27%、米西部で21%それぞれ減少しており、これらの地域は厳しい干ばつに見舞われるリスクがある」などとしている……
印刷する
 政府の中央防災会議が去る7月7日に開催され、防災基本計画を修正した。今回の主な修正ポイントとしては、昨年(2014年)8月の広島市の土砂災害(土砂災害防止法改正、中央防災会議土砂災害対策検討WG報告を反映)、同9月の御嶽山(長野・岐阜県境)噴火を踏まえた対応策(中央防災会議火山防災対策推進WG報告を反映)の強化、そして政府の「危機管理組織の在り方に係る関係副大臣会合 最終報告」(2015年3月)などを受けた複合災害に係る対策の強化などがあげられる……

新着情報
お役立ちツール
防災を学び、活動しようとする人々に役に立つ情報を提供。
リンク集
わが国の防災関連サイトを分野別にご紹介。
編集長ブログ
本誌編集部による折々にふれた防災随想・雑感。
RSSマップ
各コンテンツの新着記事タイトル・URL情報をRSSで提供。
記事検索
初めての方へ
被災地物産館
スリランカのアーティストとコラボレーションした新聞紙プロダクトのバッグが販売されている。生産は現地の津波被災者で組織されるNGOに委託。 
注目のドキュメンタリー映画『1000年の山古志』絶賛上映中!
レスキューストックヤードでは、能登半島地震の教訓を地元の研究者や学生たちから聞き語りする、1泊2日のツアーを開催する。先着25名!!このツアーは終了しました
三宅島で5月〜6月に咲く、白いどくだみの花。この、どくだみの成分を「化粧品に取り入れてはどうか」と三宅ハート商会は考えました。どくだみは、抗菌作用と保湿成分に優れていると昔から注目されている植物です。
Copyright (C) 2008-2012 Bosaijoho Shinbun-sha / All rights reserved.  「防災情報新聞」に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。防災情報新聞社